第一印象で決めつけてはいけない。自分の付けている色眼鏡を外す方法。

f:id:to-many-hopes:20221205121338j:image

本当に寒くなりました。

さすがにTシャツハーフパンツでは過ごせなくなってきました。

 

皆さん体調崩されてませんでしょうか。

寒暖差で体調を崩すなんてこともありますから、着衣にはご注意下さい。

 

さて、今日は『第一印象』のお話をしたいと思います。

 

皆さん第一印象ってどうでしょうか。

僕はあまり良い風に見られることはありません。

目が小さいため、目つきが悪く見えるようで、いわゆる“強面”の部類に入れられ「恐そう」という印象を良く持たれます。

 

そのため、愛想が悪く思われることもあったりで、かなり損をしている部分があります。

自分なりに気を付けているつもりなのですが、全く話したことない人や関わりのない人からはやはり良い印象はないと思います。

 

そんな第一印象ですが、衆議院議員であり、デジタル大臣であり、内閣府特命担当大臣である河野太郎議員の腕時計についてのTweetをご存知でしょうか。

 

 

河野太郎さんをフォローしていますので、リアルタイムラインで見たのですが、河野太郎さんの腕時計は『竹製』だそうです。

 

少し批判を浴びた感じになったTweetですが、チラッと袖口から見えた腕時計が金ピカのゴージャスな時計に映ったようで、

 

河野太郎の説明は分かりやすいけれど、キンキラの腕時計が気になる」

「国民/庶民の代表とは思えない?」

 

というような批判の声があがったというお話。

f:id:to-many-hopes:20221205125304j:image

写真がこちら。

他にも時計がチラッと見えるものもあると思います。

確かにこの画像だけで見ると黄色っぽい感じなので、高級なゴールドの時計をしているようにも見えなくもありません。

 

ただ、確証がないのに「国民の代表が高価な時計をするってどうなの?」みたいな発言ってよくないと思うんです。

むしろ、怖いと感じるくらい。

 

これってある意味”バイアス”が掛かった状態であると言えると思います。

 

国会議員の月給は約130万円と公表されています。

そのため高い時計をしていても不思議ではないと感じるわけです。

 

ただ、勝手に決めつけてしまうのが一番気になるところです。

確かに高価な腕時計をつけている国会議員もいるでしょう。

ただ、確固たる証拠と言いますか根拠がないのに、「高い時計するのって」と言ってしまうことが何より良くないんじゃないかなと。

 

今回のように本当は「竹製」の腕時計をしている可能性だってあるわけですし。

 

 

僕なりの色眼鏡を外す方法

110221monochrome kuon×takao×RAID

僕は基本的に「決めつける」ということはしないように心掛けています。

だって、実際は違うかった場合、困るのは自分ですから。

 

だから僕なりの偏見や決めつけを減らす方法としては「とにかく調べてみる」です。

今回の河野太郎さんの腕時計の件だって

 

河野太郎 腕時計」

 

とかで調べればきっと出てくるはずなんです。

だから、まずは”調べる”これが一番です。

勝手に決めつけて物事を考えてしまうと、火傷しかねないので少しでも疑問や気になることがあったらすぐに調べることを癖づけています。

 

一度決めつけてしまうと、ずっとその固定概念というか、例え嘘だったとしても「それ」が自分の中での真実になってしまいますから。

 

過去に「マーガリンは本当に体に毒なのか」というような内容のブログを書きました。

 

spawn.hatenablog.com

 

これと同じで本当のことを知らないと、いつまでも事実と違うことを「事実」として持っていることになります。

もちろん、時代の流れによって変化することもあり、過去はこれが正しかったけど、新しい研究の結果今はこっちが正しい。

なんていうことも起こり得ますから、全ての真実を知るということは難しいと思います。

 

全てを疑えという訳ではありませんが、目に入ったものが全て本当か。

それは自分の勝手な想像や思い込みではないか。

という自分自身を疑うということも大切なんじゃないかなと。

 

皆さんはいかがでしょうか。

偏見を持つということは、それだけ自分の視野が狭くなるということなので、より豊かな人生を贈るためにも、偏見はできるだけ少ない方がいいと思います。

 

 

『鳥と魚と僕とポーク』を読んでいただいてありがとうございます!

少しでも「面白そうだな」「興味あるな」と感じたら【読者】登録をよろしくお願いします!