バンダイ社ガシャポンの「紙製カプセル」を導入。

カードダスやたまごっちなど有名商品を販売し続けている皆さんご存知バンダイ

 

f:id:to-many-hopes:20220605224155j:image

 

カプセルトイと言われる自販機「ガシャポン」でも有名ですよね。

地域によっては"ガチャガチャ"とか"ガチャポン"とか呼ぶところもあるようですが。

 

未だにガチャガチャやったりしますか?

最近、ショッピングモールなんか行くとガチャガチャコーナーというガチャガチャ機が20台とか30台とか並んだコーナーがあったりしますよね。

 

見つけたら一応一通り見るようにしています。

そこで興味があるものがたまに回したりしますね。

 

そんなバンダイが6月3日に紙製カプセル「マプカプセル」を導入すると発表しました。6月第4週から順次導入するそうです。

 

f:id:to-many-hopes:20220605224536j:image

 

環境経営総合研究所が開発した紙パウダー入り成形材料「MAPKA(マプカ)」を使用し、合成樹脂原料などを手掛ける吉比化成と協力して紙を51%含む“紙製カプセル”を開発したそうです。

 

カプセル状にする技術は特許出願済みだそうで、バンダイによると従来のポリプロピレン100%のカプセルに比べて、製造から焼却までの過程における温室効果ガスの排出量を3割削減できるというかなり環境に配慮した仕様。

 

今話題のSDGsの事も考えていると言えると思います。

 

バンダイは2006年から使用済み空カプセルを回収する取り組みを始めており、2021年9月にはバンダイナムコアミューズメントなどと合同で再生カプセルの製造を始めていたようです。

 

21年度に回収したカプセルは約400万個(21.8t)で、約70万個の再生カプセルを製造しているようです。

 

 

21年だけで約400万個の空カプセルが出ているという事ですもんね。

 

ガチャガチャ1個平均300円として約12億円分の空カプセルって考えたらすげーですね。。

回収した分で400万個だから、きっとカプセルごと持って帰ってる人とか、回収ボックスに入れていない人とかもいると思うので、未回収分も含めるとするともう少し伸びますよね。

 

こりゃあ凄いですね。

欲しいものが出るまで4回も5回も回す人もいたりしますからね。大きなお金が動いている事は間違いなしです。

 

いずれにしても、紙カプセルになる事で年々減り続けている温室効果ガス排出量にも大きく変化が出るのではと思います。