リボ払い減額できますよーという広告がめっちゃ出る。

 

スマホでゲームをしていると広告が流れますよね。

有料で購入したゲームだと広告は出ないと思いますが、アプリ自体は無料で内部課金タイプのゲームは合間に広告が流れたり、広告を見ればガチャとかそういったアイテムを無料でもらえる。みたいなシステムが多いと思います。

 

別のスマホゲームの広告が流れることはもちろんですが、最近は「リボ払いの返済に悩んでいる方に朗報です」とか「毎月のリボ払い返済が法的措置で減額できます」とかそういた内容の広告もよく目にします。

 

「匿名で誰にもばれません」とか結構凄いなぁと思う内容のことが書かれているなと思いながら見ています。

 

あまり胸を張って言えたことではありませんが、借入経験者(最高総額250万)なので僕の知ってる範囲ではありますが、少しだけ解説というか内容をご紹介したいと思います。

★ちなみに既に完済しております。

 

 

法的措置とはいわゆる「債務整理

良いことばかり言っているような印象を受けますが、要は「債務整理」です。

つまり、「今ある負債(借金)を整理しましょう」というお話。

 

この債務整理には”任意整理”、”自己破産”、”個人再生”と3種類ありましてですね。(厳密に言えば、ここに”特定調停”というのもあるのですが、ここでは割愛)

「自己破産」っていうのはこういうのにあまり詳しくない方でも聞いたことあるんじゃないかなと思います。

何よりネーミングのインパクトがでかいですよね。

 

では一つ一つ簡単にご紹介。

 

任意整理とは

 

「任意整理」とは、今行っている支払いの負担を軽くするために、金融業者やカード会社との利息のカット、返済における分割回数など、今後の返済計画をお互いに和解を結んで、新しい計画の元で返済し借金の完済を目指すという手続きになります。

任意整理は話し合いで、今の借金を整理する方法です。

借入総額が比較的少ない場合に多く行われています。

 

僕が行ったのはこの債務整理です。

 

 

個人再生とは

「借金が1/5に!」

「1/5になって借金が0円になりました!」

とかって書いてあるのが、この"個人再生"にあたります。

 

個人再生は、裁判所に再生計画の認可決定を受け、借金を大幅に減額してもらう手続きです。

減額された借金を原則3年間で分割して返済していくという形になります。

 

例えば、600万円の借金がある人がいるとします。

▶︎任意整理の場合

月々約10万円(5年分割)の返済。

 

▶︎個人再生の場合

借金は5分の1に減額され、借金は120万円となり、3年分割で支払うとしても月々3万円の返済。

 

という感じになります。

 

 

自己破産とは

一番のパワーワードである自己破産。

ドラマや映画なんかでも耳にした事があると思います。

 

裁判所で全ての借金を免除してもらう手続きです。
裁判所で支払いが不可能であると認められ、許可されると、税金等を除く全ての借金の返済がなくなります。

 

 

と簡単ながら債務整理の内容はこんな感じです。

 

 

広告はいいことばかり

当然ですが、ああいった広告はいい事しか書きません。

「誰にもバレずに!」

「無料!」

「国の救済措置!」

など色々とおいしい内容が並びますが、もちろんこれは広告だからです。広告は見て(アクセスして)ナンボの世界ですからデメリットを書くはずがありません。

 

最近では「残価設定で月々1万円で新車が買える!」なんてことをよく耳にしますが、あれと同じで実はデメリットと言うか条件がアレコレ付きますので、条件に合わない人にとってはデメリットの方が大きくなるという具合です。

全てがおいしい話があるはずもなく。

 


 

 

必ずブラックリストに載ります。

「任意整理」「個人再生」「自己破産」

いずれを選択してもブラックリストに載ります。

自分で作った借金を法的に減額したからと言ってノーダメージという事はありません。

全ての金融機関にブラックリストとして登録され、5年〜10年はローンやクレジットカードの新規申込など一切できません。

※僕の場合は約7年ぐらいは何もできませんでした。

 

これは元々の総借入金額によるのか、減額した金額によるのかはわかりませんが、基本的に10年は覚悟しておいた方がいいと思います。

 

まぁもちろん自己破産以外は残りの返済がありますので、そもそも新しく借りてなんて事は考える人は少ないと思いますが。。

 

無料は診断のみ

無料と書いてあるのを良く見ますが、無料というのはサイトでの「これぐらい減りますよー」という診断のみです。

例えば診断で300万の借金が50万になりますとなった場合、それを実際に依頼するとなれば弁護士や司法書士に依頼料が発生します。

 

借金は減額、またはゼロになっても依頼料は支払わなくてはなりません。

 

つまり、実質完全なる無料ではないと言う事です。

 

かなり昔の事なのではっきりは覚えていませんが、僕が依頼したときは1件に付きいくらという依頼料でしたので、例えば300万を5社から借り入れていた場合、「1件につき2万です。」となれば10万の依頼料が発生すると言うことになります。借金は確かに減りますが、依頼料の部分があるという事も忘れてはいけません。

 

僕の場合は、知人の紹介ということもあり全ての借金が完済してから分割でも良いという事でしたのでとても良心的だったと思います。

注意)10年以上前の事なので現在は色々変わっているかもしれません。また、事務所などにもよって様々ですから一例という事で参考にしてもらえればと思います。

 

 

自分で調べよう

常々思っている事ですが、まずは自分で良く調べるのが一番です。

今は便利な世の中になり、図書館に行ったり専門家に直接聞いたりする前に、誰でもスマホで検索することができます。

 

知恵袋なんかで目にしますが、調べればすぐにわかる質問をされている方。

今回の事だけでなく、何でも自分で調べた方がいいと思います。もちろん、正しい情報や嘘の情報が錯綜していますから取捨選択して見極めると言うことは大切ですが、それはそれで何が正しいか、何が間違っているかを判断する力も身につくと思います。

 

何でもネットでできる時代ですから、上手く利用していくのがベストだと思います。

 

今は普通に弁護士事務所などでも相談料無料というところもありますし、ネットで探せばサイトもたくさん出てきます。借金で悩んでおられる方がおられましたら相談してみるのもいいと思います。

 


 

債務整理をして思ったこと

僕は一時期、極貧生活を送っていました。

電気、ガス、水道までも止まった時もありました。家賃は半年分滞納とか。

ほぼ毎日金融会社から電話があり、家の管理会社からも電話がありなど、かなり精神的にも苦しい時期がありました。

 

司法書士の方に債務整理をお願いすると、翌日から電話は止まりました。

(とは言っても家賃の滞納はどうにもならないので、管理会社からの電話はありましたが。。。)

それでも金融会社からの電話がないだけでもかなり気分的に救われました。

日々電話に怯える生活から解放されただけでも、気分的に落ち着くようになったからです。

 

僕の場合、収入が極端に少なかった事もあり、合計で4回ぐらいは返済計画の見直しをしてもらったと思います。

それもこれも司法書士の方がとても親切な方だったからです。後々話を聞くと、2社分ほど立て替えて一括返済してくれていたそうで。。

本当に感謝しています。

 

上述しましたが、債務整理を行うと約10年ほどローンやクレジットカードなどは一切できません。これは結構辛いところです。全て現金ですから。

今までなら少し大きな買い物をするときはクレジットカードで分割払いとかにしていたような事ができなくなりますから。

例えば洗濯機が壊れた。冷蔵庫が壊れた。買い換えるにもカードは使えません。

5万ぐらいのものだとしても現金一括で払うしかありません。

 

これが結構大変です。

 

返済額だけでなく、光熱費や生活費など一部クレジットカードで支払うことができるものも全て現金です。

もちろん現金があればいいかも知れませんが、貯金があれば全て返済に回さなくてはいけませんから、貯金はないとして生活しなければなりません。

(借金している時点で貯金がある人はいないと思いますが。)

 

僕の時は今みたいにフリマアプリとかそこまで充実していませんでしたので、リサイクルショップやブックオフなどで物を売ってお金を作っていました。

 

催促の電話がなくなるのは良いことですが、生活的にかなり厳しい状況になるのは間違いないです。

それでも、全てを完済した今は債務整理して良かったと思ってます。

形はどうであれ一応完済できましたしね。今はクレジットカードも持てていますし。

 

 

良く考えた行動を

安易な行動は後々自分の首を絞める行動になる可能性もあります。

とりあえず今お金がないから10万だけ借りようとか、軽い気持ちで借りてしまうと歯止めが効かなくなるパターンもあります。

特にリボ払いがそれに当たると思います。

いくらものを買っても例えば1万円ずつとか毎月決まった金額だけ返せば良いというおいしい言葉の裏には恐ろしい結果が待っている事が多いです。

 

欲しいものがあったとします。

  1. それは本当に今必要なのか。
  2. どうしても買わなくてはいけないものなのか。
  3. リボ払いや分割払い、借入などではなく毎月貯金して買えないのか。

 

など色々真剣に考えてから決断した方がいいと思います。

特にリボ払いなんかは知らない間に100万使ってた。。なんて話も聞いた事があります。

100万分使ったとしても毎月の返済は1万円。

つまり完済するには約8年掛かる計算になります。もちろん、毎月きちんと返済していても"利息"というものがついてきますから、毎月1万円返しているつもりでも7割は利息。つまり返しているのは毎月3000円だけ。なんて事もあります。これだと、約27年掛かることになります。

 

まずは借りるという認識と癖を直すことが一番大切だと思います。

リボ払いも分割も借金です。

 

よく金融会社=借金みたいな考え方をされてる方がいますが、カードローンも分割払い、リボ払い、自動車ローン、住宅ローンも全部借金です。

ローンとか分割とかって聞くと借金感覚が薄れるようですが。。。

 

まずは認識をしっかり持つことです。

 

 

要するにですね

ダラダラと長くつまらない内容を書いてしまいましたが、要するに「リボ払い減額できますよー」という広告には要注意ということです。

※広告がどうのという意味ではありません。ちゃんと考えて情報を自分で取って下さいという意味です。

 

表面上のおいしいところだけ見るのではなく、ちゃんと裏側まで見ましょうということです。

 

現在借金のある方、色んなパターンを想像して行動してみてください。

メリットだけでなく、デメリットも踏まえた上で検討してみてはいかがでしょうか。

 

自分の人生ですから、よく考えて大切に。